婚活 婚活のための写真撮影、名刺作成等。

婚活

婚活とは

婚活

今どきの結婚は自ら積極的に結婚の活動をする時代になってきたと言われています。
まず30才台前半で年収600万円で未婚の男性は年収600万円→3.5%しかいない、49才まで引き上げて→9%しかいない。その狭いマーケットに対し結婚活動するというのが、婚活という言葉がある種ブームになっております。

「婚活」時代の2名の著者は山田昌弘さんは中央大学の文学部の教授。専門は家族社会学です。『パラサイト・シングルの時代』『家族というリスク』『新平等社会』etcです。白川桃子(とうこ)さんは現在売り出し中のライターです。
男女交際が自由になり、つき合う相手が多くなり、選択肢が広がった事、また男女共、晩婚化が進んでいった意識的に「結婚のための活動をする」必要がでてきたのです。

格差社会が結婚の対象者にうまれ、男女とも高収入のキャリアウーマンがいたり、「非正規社員」が混在する時代があると分析しています。
白川さんは日本人男性はガラスのハートの王子様が多いと分析しています。

例えば海外に目を向け韓国では10回トライして倒れない木はないと非常に男性がタフネスであるともいっています。
山田昌弘さんは現状の「出会い格差」「見合い格差」「魅力格差」「経済格差」を乗り越えて婚活を成功させて欲しいと本の中でも力説している。

男性は女性に対して自分の話しは抑え仕事人間で仕事だけというのは避けなければならない。
女性は女磨きは充分なので、ガラスのハートの王子様を上手にコントロールしてほしいと言っております。

また,別なインタビューで白川桃子(とうこ)さんは言っています。
女性はあまり男性に期待し過ぎない事、何でも受け入れてあげる事、更には『二人で働く』という意識で婚活に臨んでもらいたいとも言っています。

これからの婚活の必須アイテムとしては婚活動画の活用とか婚活の写真も進化して360度回転するようなネットショプに良くある回転するデータを男女双方で活用し写真の質もディスクロージャーする方向にゆくのでしょうか?

また、結婚活動が短縮した言葉で婚活と認知されるようになり、就職活動が就活と言われるようになりました。しかし08年12月21日現在婚活写真のYahoo検索では53/1.400.000HITしかしHITないようです。日本語として未だインターネットでは大凡半分位しか認知されていないのが実情なのでしょうか?認知とは無関係に婚括写真の価値はこれからも高まってゆくのではないでしょうか。

2010年3月現在、婚活写真とgoogleで検索しますと1200万件が表示されます。Yahoo検索婚活写真17000件婚活写真、東京7800件までようやく認知されるようになりました。ポートレート撮影が上手なスタジオがようやく『婚活をターゲットに加えたのでしょう。一極集中する大都会東京では婚活写真においても第二検索用語に東京や多摩・小平というように地域を限定して入れ、検索サイトで上位をねらうサイトが多くなっています。』実際は東京だけでは漠然としすぎております。スタジオはアクセスが重要でしょう、交通至便であれば良いのでしょうか?いや達人が撮る写真は本質的なところも見抜かれて写されてしますという話もよく聞きます。

また、最近新聞をにぎわせている婚圧という言葉も活字によく頻繁に表れ出し、また気の毒な感じもしますが、ポジティブシンキングで婚活も楽しむという器用さも必要なのではないでしょうか。まず理想をイメージして決め打ちをせずフレキシブルに対応し、理想ばかりを追わない。現実や社会や家族をみつめて判断する器用さも必要ではないでしょうか。

かって2008年当時は結婚紹介会社や団体から依頼され撮影データを送ったりしていた写真のことを特にプロフィール写真という言い方でした。それが今では婚活写真という形で市民権を得たという事でしょうか。当時は見合写真という少し古い感じのするイメージとは若干違ったものだったのですが。
人は縁の生き者、自分を見つめパーソナルな自分らしさが表現される写真がマイフェイバリットになります。そんないい写真を撮っておきたい、そんな動機でいいのではないでしょうか。

婚活写真とは

男女の結婚活動のアプローチとして男女の必須アイテムの婚活写真がります。ネット利用の場合、リアルにお見合い写真として、使う場合、また紹介用写真も同様です。婚活写真だけに限った訳ではありませんが、撮影にあたってはリラックスして下さい。気持ちの緊張は表情に現れます。日頃、男女共通して言える事ですが、鏡に向かった時,口角をあげる表情をトレーニングしてみて下さい。また、ご自分の顔の魅力のポイントお把握しておく事も大切です。
口角を上げるトレーニングも練習次第で無理なく少しだけ歯を見せたり、見せなかったりコツさえ分れば相当上手になります。また三面鏡で好みの角度を自覚する事も重要です。経験豊富なカメラマンはフォトジェニックサイドと言って写真写りのいい方向を理解しています。
所属のカメラマンと打ち合わせします。男女ともどのような服装で、自分の雰囲気と希望するスタイルの絞り込みを話し合い結論を導き出して行きます。
男女でキーワードが違う場合もありますが、カメラマンの経験値として以下のイメージ表現があります。

婚活
  • 暖かい感じ(イメージ)
  • 爽やかな感じ(イメージ)
  • 凛々しい感じ(イメージ)
  • 知的な感じ(イメージ)
  • 明るい感じ(イメージ)
  • 誠実な感じ(イメージ)
  • 優しい感じ(イメージ)
  • キュートな感じ(イメージ)
  • 上品な感じ(イメージ)
  • 清潔な感じ(イメージ)
  • 男っぽい感じ(イメージ)

etcです。

婚活写真メイク

婚活写真のメイクですが事前予約制です。写真用に映えるメイキャップを承っております。スペシャリストのメイクが比較的安く受けることができます。

デジタルメイク(俗称)

PCソフトを使ってお客様の希望に添ったデジタルメイクを承っております。簡単なものは撮影後希望を伺います。その場で簡単に出来ない様な難易度の高い修復は別料金で承っております。ポイントとしましては部位、面積、難易度、によります。あくまでも全くの別人にしてしまう様なデジタルメイクをする訳ではありません。

婚活私感

以前はお見合い写真という申し込みの仕方で少し照れくさそうな感じでした。しかし流行の言葉として婚活写真という申込みであれば、気軽さが生まれ、いい感じです。
婚活という言葉は流行らせようと言う仕組まれたブームではないのかなと感じています。三段論法で、次々〜活〜活、〜活という仕掛けがある様に思われます。
社会と個人は何処かで折り合いをつけて自分のスペースを確保するわけで、ブームにのる人,その流れにのらない人、マイペースな人、に大きく分けられ,ブームにのった人はその仕掛けどうりに次々と用意された流れにのり、すっかりのせられたと後で、気づかされるのでしょう。この先日本の人口は結婚をしない人が増えつづけ少子化が進みますと、2030年問題として、未来に対する危機感が根底にあるのだと思います。山田昌弘さんは家族社会学が専門である所からの要請で、山田先生が理論とプロットを書きプレゼン上手なライターの白石桃子さんが宣伝レディとしてタッグを組んだのではないだろうか?と考えております。そこに、大手の広告代理店が介在しているかは知りません。次にでは、何括がくるかというと、社会的なひずみで考えた時、医療の問題であり、更に、小児科の数の問題であり、分水嶺として考えますとズバリ日本の近未来的問題は『産括』でしょう。『出産活動』これは考え過ぎでしょうか?

『婚活加工写真』『なんちゃって婚活写真』

出会いは需要と供給の関係に似ていますから、個別の条件で対応すると良いでしょうというアドバイスをします。
需要側が、親戚のおばさんとか、近所のおばさんや沢山仲人をしている人望のある人、お友達、お友達のお友達、etc

ピンポイントに、明るいお嬢様写真、オーソドックスなスタジオ写真、長い髪が風にそよぐ動きのある写真、納得して、スタジオ撮影をさせて頂ける人であれば、問題はありません。

ご本人に内緒で親御さんが紹介用写真として高品質な写真とは数少ないことでしょう。ましてや、鋭く気配を察し、親子関係がそれが原因で険悪になる事すらあるでしょう。そんな時、出し渋る娘さんのスナップ写真を婚活写真に加工して欲しい、というニーズが実はあります。

以前から、スタジオにつき合いがあれば、愚痴を言うようにこの写真を何とか婚活の紹介用の写真にならないかしら?

こんな、感じでアプローチをしていただきましたら、如何様にでも?技術さえあれば,こんな事が可能です。名付けて『婚活加工写真』『なんちゃって婚活写真』です。

それは、どのようなイメージの人かで、、、例えば、爽やかな感じで公園でたたずんでいる婚活写真、都会的なあかるい逆光気味のビルの前のスナップ風の婚活写真、あたかもスタジオ背景で撮影したように見えるスタジオ写真ふう合成写真、

スタジオに依頼される場合の婚活写真は、出張でのロケーションの婚活写真、スタジオでの婚活写真、に大別されます。
いかに手持ちのスナップ写真をこちらのどの写真に加工合成をして自然に見えるかというのが腕の見せ所です。

婚活という言葉が知られるようになり、久しいのですが、少子化対策で政府機関で作られた仕掛けである事は数年前にこのページでお伝えしているとおりです。

婚活写真という事がまだ認知されていない頃から、スタジオ撮影で、特化して撮影しておりました。

認知されると、本当に残念な事ですが、悪知恵の働く人は何処にでもいるようで、事件性のある話題がニュースとなり、婚活連続●●事件、やら、富山では運営会社自体がブラック企業とか、捜査中、、、外国人の隣の国の花嫁(死語でいうジャパゆきさん)を斡旋するブラック企業が暗躍ししているというニュースを目にします。ある意味氷山の一角でなければいいのにと念じます。

WEBで簡単に、登録出来たり、複数のサイト登録可能であったりするシステムは信頼性で問題がおきている側面があります。
どこかで、確実な独身証明とか、収入証明を担保したとしても、これだけ不確実な社会では、安心感を求めても、どこかリスクがあるようです。

そうなれば、知らない人同士が、出会うチャンスとして、合コンや婚活パーティに方向性が変わってきております。
確実に、会えると言う、婚活バスツアー、旅行を企画し、楽しみながら、紅葉狩りやら、温泉廻りというはずれがないもので、より確実な出会いと、レジャーを求めているようです。一挙両得なのかもしれません。

婚活
婚活

婚活バッヂ

6月に入りジュン・ブライドという事で小耳に挟んだリアルな話しと、面白い企画があるので、是非ご利用下さい。
J-WAVEの番組の企画で首都圏に働く女性のアンケート結果です。
「BOOM TOWN RESEARCH with Trenders」
6月といえば、ジュン・ブライド・・・ということで、今朝は、「結婚」をテーマに<独身・トレンドリーダー>に行ったリサーチ結果を見てきました。
「結婚願望」について伺ったところ、全体の【9割】の人が<結婚したい>と答え、そのうち、<すぐにでも結婚したい>と思っている人が【4割】にのぼる結果となりました。
そこで、現在結婚をしていない方にその理由について質問したところ、「いい出会いがない」という回答が最も多く集まりました。
続いて、「彼氏が結婚を切り出さない」、「今は結婚する意志がない」という意見が同数で並びました。
また、「お金がない」、「仕事が忙しい」という理由をあげる人も見受けられました。

「結婚相手に求めるもの」について聞いたところ、「生きていくのにはお金がかかる」、「お金がないと、しなくてもいいケンカをしそう」といった理由で、最も集まった回答は<経済力>でした。
続いて多かったのは、<価値観があうこと>。
「無理なく結婚生活を継続していくための大きな要素だから」、「価値観は変えられないから」という理由があがりました。
その他では、「人として尊敬できること」、「優しさ・思いやりがあること」、「精神的に安らげること」といった答えがあがりました。

「結婚した後も仕事を続けますか?」と聞いたところ、「結婚した後も仕事を続ける」という人は、全体の約【6割】となりました。
その理由を見てみると、「家でじっとしていられない」、「収入がなくなるのは不安」、「仕事が好き」、といった意見が見受けられました。
ただし、「結婚後は、定時退社できるところに転職したい」など、働き方を変えるという人も多くいるようです。
そして、「結婚したらすぐ仕事を辞める」という人は、【1割】にも満たない結果となりました。

「婚活をしていますか?」と質問したところ、<している>と答えた方は、わずか【15%】で、残りの【85%】の方は<していない>と答えました。
そこで、「婚活をしている人」にその具体的な内容について伺ったところ、「合コン」と答えた人が最も多く、「合コンを自分で企画する」、「誘われた合コンには極力参加する」など、出会いの場には積極的に参加しているようです。

婚活バッヂ

結論は合コンに積極的に参加している。しかも誘われた合コンには出会いの場として、自分でも合コンを企画する人もいる。
そんな、場を盛り上げる企画にぴったりなグッズを開発しました。何と婚活バッジです。
A4サイズのPDFになっておりますので、3cmの缶バッジになっておりますので合コンで目立って下さい。合コンの缶バッジの中に、弊社のプリントサービスである銀塩魂も散りばめられておりますので、どうぞ照れずに使ってみて下さい。
よろしくです。健闘を祈る!

弊社では、3cmの缶バッジ2個で571円(税別)で制作も承っております。

上質特化<婚活プライベートカード>

21世紀は人との交流が世界的に見てもビジネスライクになっているのでしょうか?婚活もある意味自身を売り出したい商品になぞらえてみると分りやすいかもしれません。先ずは商品の魅力をアピールし良いマーケットに売り込み購入してもらう。こんなビジネススキルでしょうか?しかし、婚活は生身の人間ですから、難しいのです。

お隣の国では、兎に角人口が多い訳で国土も広いし、文明のツールを利用するようです。15万人以上の調査ですが、ネットで32.6%にあたる48900人が恋人を見つけた。ネットの婚活利用が45.5%の68250人も利用している。という驚愕の数値です。人口が多いので競争が激しいのとドライな国民性も関係するのかもしれません。

厚労省の昨年の人口動態統計で約146万人が毎年結婚しているそうで、その倍の大凡300万人が婚活しているようなのです。以前サイトにも書きましたが、日本の場合、婚活の中心は合コンだというのがリアルな統計のようです。そうすると商品に自身を置き換えてアピールをする方法ですが、前回は婚活バッジを提案しましたが、今回はレジュメといきたいのですが、ビジネスではないので、、、いや婚活の会社に実際登録した方はご存知だと思いますが、上質特化を標榜する紹介関連会社では、重厚な筆文字風の身上書的な物だったり、さらっとした紹介用シート、もが存在していて、サイトで確認しながら、チェックしております。そこまで堅苦しくなくプライベートな名刺、名づけて上質特化『婚活プライベートカード』というのは如何でしょう。

合コンパーティや業者のお見合いパーティでは主催者側が名札を用意しますが、よりプライベートに自身をアピールするツールとして、写真入りで気を引くコメントや趣味、理想の映画や、本の登場人物で好きな人、歴女であれば理想の武士とか武将、人生で1番感動した本とか、資格、子供時代の部活歴、自身のBLOGとか人として興味のある事が満載のプライベートカードになる事は間違い無し。ポイントカードのように91×55のカードサイズの2倍(2折り)というのは如何でしょう!飾り罫のみのカードに筆ペンで手書きだったらもっとアピールできますか。

ご注文次第で最強の物ができそうですし、工夫次第で魅力満載になる事でしょう。人よりも1歩先を行くツールこれ、大切です。
興味のある方は是非メールを下さい。お待ち致しております。

  • 婚活プライベートカード
  • 婚活プライベートカード
  • 婚活プライベートカード
  • 婚活プライベートカード

2010 婚活のこと

09年は婚活が流行語大賞の候補にもなり、一般の人にも認知された記念すべき年でした。
生みの親でもある白川桃子さんは、年末のある番組インタビューでこう答えています。

30代女子のお笑いコンビ『森三中』の3人の一人の今後が気になっているそうです。
現在未婚の一人が女性としての動向がどうにも気になっていると言っていました。
会ってお話もしたという事です。

昨年は婚活にからむ新刊2冊を出したそうです。
白川さんにとっての2009年のイメージと2010年に向けての印象はと聞かれて、
2009年は「新」の年であり2010年は前進する為に前に進む「進」だと思うと語っています。

最近の講演での白川さんの発言ですが、「婚活パワー」を社会に還元を、と提案しています。

婚活パーティーの収益を一人親家庭の支援にまわしている地域があり、地方自治体単位の婚活は「社会還元」を1%でも行えば
もっと有意義な活動になります。

「人のこと」を考えないと婚活は難しい。自分中心の目線では、いくらお見合いパーティーに行っても結局は
「この人は私と結婚したら何をしてくれるかしら」という値踏みの目線で見てしまう。

そういった寄付や合コンそのものに「海岸や山」のゴミ拾い合コンなどの「ボランティア」をつけることで
婚活自体の意義も変わり、自分以外の人の事を考えるやさしい目線になれると言っています。

総括的に今年の婚活は、婚活目線ではなく、普通の社会人としての地域活動とかの自然な生活者の目線で、積極的に良い人との出会いを待つということでしょうか?

2013年『婚活』の仕掛人はやはり、一日の長がある 白河桃子さんインタビューより

FMラジオのインタビューであまりにも婚活の会社が乱立して、そこに登録して婚活をするというのは、あまりにも『私を幸せにして』というものが前に出過ぎて、痛いというのだ。

人としての真実を求めるのなら、お勧めの方法でしかも、沢山カップルが誕生しているところが2つあると言うのだ。

一つは、ボランティア活動なのだと言う、従来の婚活で年収で人を計り、お金でどんな人生夢見るのではなく、年収で人を計るのではなく、年収はそこそこで、他人を助けたい、他人も幸せにしたいという 心の交流がじつは、人生の伴侶を見付けられる。人の生き方そのものを見つけられるのかもしれない。という

もう一つが読書会なのだという、好きな本、テーマ、作家、読後感、で、その人そのものが、人の考え方、好みが現れる場なのだ、沢山のカップルが、生まれているというのだ。んー確かに分かるな!

Simple is Best ! と言うか 質実剛健というか、両方の活動は大金を投じてする婚活ではないけれど人の本質や、まぎれもない何かがでてしまう。それが見えてくるというのが確かに分かる気がします。

人生に何を求めるのかということを? 共有出来る人探しには、確かに いいね!

電話 042-346-5666 住所 東京都小平市学園東町1-9-15 メール info@activestudio.net 定休日 不定期

オリジナル企画

このページの先頭へ