ニュース

ニュース一覧

ブラケットプリント(造語)のご案内

2020.2.10

手っ取り早くネガの一コマからハイキー・標準・ローキーの3種類のプリントを得るサービスです
聞き馴染みのない用語なので、説明しながらお伝えします。フィルム時代の後期一眼レフの高級機では、主にポジフィルムを入れて撮影する時用に露出をノーマル・オーバー・アンダーの3段階で撮影するのをブラケット撮影というモードがありました。
そのようなイメージをプリントで体験してもらいたい。ということから誕生したサービスです。(ブラケットプリントという用語はありません造語です)

銀塩のアナログプリントにおいては、そのような機械設定がありませんので、一コマのネガを1枚1枚ハイキー・標準・ローキーというプリント3段階プリントさせて頂きます。
人の感性は様々です。デザイン的な視点でハイキー・標準・ローキーの全てを見たいというお客様がおられます。

フィルムの価格が、どんどん高くなり、24枚や27枚撮りを丁寧にお撮りになっています。それらを焼き増しネガを郵送で送るやりとりをしますと、ネガやシートに静電気で埃を吸着しプリント時にエアーで飛ばしてもプリントに入り込みます。20
アナログプリントで極力そのような現象を防ぐ事が出来、時間の短縮ができます。

プリントの枚数が3枚分で3倍になるという事です。現像代金は一緒です。デジカメが誕生する前は、Wプリント・トリプルプリントという名称で数焼きの焼き増し分を初めから注文するサービスがありました。内容は少し違いますがデザイン的な視点でハイキー・標準・ローキーの3段階がお試しできるサービスです。どうぞお試しください。

一生ものの証明写真

2020.1.21


一生ものの証明写真(運転免許の自主返納用の証明写真)
年を重ねると自分を証明する手段がなくなるので、運転経歴証明書が一生ものの証明写真になるので
とびっきりの写真でお願いしますというお客様が、ブティクの店長のご紹介で来店されました。

サイズと背景が問題なければ、今後免許を自主返納するので、持ち込み写真でOKという規定なのです。
撮影から、ブラッシュアップまで20分で終了
出来上がった写真を見てそのお客様は紹介してくれた店長にも、妹にも見せるし明日会う友達達にも見せちゃうかな!
と少女のように喜んで帰られました。

データを保存しますので、今後も必要な時にプリントが活用できますので安心です。『一生ものの証明写真撮影』をご利用ください。
マンションの1階にスタジオがありますので、階段がありませんので安心です。
お問い合わせ:042-346-5666
メールアドレス u.activestudio@gmail.com
営業時間:10:00〜19:00 水曜日は20:00まで営業 不定期で日曜日がお休みになることがあります。

『運転免許の自主返納と同時に運転経歴証明書の申請をする方』というページが警視庁のWebサイトにあります。

https://www.keishicho.metro.tokyo.jp/smph/menkyo/koshin/jisyu_hennou/henno_kofu.html

運転免許証の自主返納と同時に運転経歴証明書の交付申請をする方
持参した申請用写真が運転経歴証明書の写真(3cm×2.4cm)になります。
手数料 1,100円です。

年末年始の営業のお知らせです

2019.12.29

今年も1年皆様には大変お世話になりました。年末は12月30日まで営業いたします。
年始は1月4日から営業いたします。 ただ古くからのお客様はご存知かと思いますが、プリンター・フィルム現像機は365日回転モノの機械を毎日回す。をモットーに機械としては23年目にさしかかっております。機械設計としてそんなに長く使える設計になっていないと専門家にも言われておりますが、何とか今日に至っております。『365日回転モノの機械を毎日回す』をやっておりますから、年末年始も郵送して頂きましたら、順次作業させて頂きますのでよろしくお願いいたします。

KJIのフォトブック・アートキャンパス・キャンパスプリントの中止のお知らせ

2019.11.3

①KJIからフォトブックのフォトブックコンパクト・フォトブックフィット・フォトブックA5/フォトブックスクェア の受付中止になりました。
②アートキャンパスプリントは印画紙メーカーからの供給が終了し受付終了となりました。
③キャンパスプリントが11月より中止となりました。ご迷惑をおかけ致します。

以下価格改定になりました
①プレミアHDプリント
②プロフォトDVD
③メディアダビングサービス
④データ復旧サービス
⑤写真修復サービス
⑥シールプリント

以上よろしくお願い致します。

フィルムからのスキャンの外部委託先が変わりました。

2019.10.14

フィルムからのスキャンの外部委託先が変わりました。
詳細は添付画像をご覧ください。

また、それに伴い一部スキャン料金が変更になりました。
詳細はフィルムからのデジタル化のページをご覧ください。


お盆休みのご案内

2019.8.12

8月は13日〜15日とお休みさせていただきます。8月16日は高校生対象の写真教室を開催します。
例年通りお休みの期間中も毎日一度は機械点検でお店に来ております。ですから郵送の方は通常通りお送り下さい。
どうぞよろしくお願いいたします。

お休みのご案内

2019.6.24

6/29はお休みさせていただきます。銀塩写真プリンターの部品調達の為です。宜しくお願いします。

delete-C活動に協賛します。

2019.5.13

delete-C活動に協賛します。
アクティブスタジオのロゴから、Cの文字を消します。


delete-C活動とは
https://www.delete-c.com

35mmフィルムからの4切りが固定焦点レンズで焼けるようになりました。

2019.4.30

35mmZoom Lenzのトラブルで(実際は基板のICチップの故障)でご不便をおかけしておりましたが、今日から4切りも焼けるようになりました。連休に入り修理関係の会社も休みらしく、連絡がありませんので5月に修理が持ち越しになりそうです。
ご不便をおかけいたしますが、何卒宜しくお願いいたします。 アクティブスタジオ 坂野 拝


QSS23型 銀塩写真プリンターで焼ける印画紙サイズにつきまして

2019.4.26

この度はQSS23型銀塩写真プリンターの故障では大変ご迷惑をお掛け致しました。お詫びいたします。さて、修理の状況はTwitterでお知らせさせて頂きましたが、現状は故障が発生した時と具体的には変わっていません。
結論的には35mmからLサイズ・KGサイズ・2Lサイズのプリントはできます。

35mm用レンズを動かすためのメインコントロール基板のICチップが故障したままです。代用として大きくて明るいブローニー用のレンズが3個ありそちらを使用して、35mmフィルムからの Lサイズ KGサイズ 2Lサイズをプリントしております。
ブローニーフィルムからの作業は従来通り可能です。固定焦点レンズからの35mm A3サイズハーフサイズネガからのA4サイズプリントも従来通りプリント可能です。
現況は35mmフィルムからの6切りワイド・4切りワイドetcの高倍率プリントができません。構図調整するためのズーミングしてからのプリントができません。

打開策として、海外南米で販売されているメインコントロール基板・中国にある同様の基板を求めるという方法も模索してゆきます。国内の基板も継続して探してゆきます。
ただ、今回のトラブルで何度も中古基板をインストールしている時も、反応が全くなくなる危機を数回起こしてしまいました。中古基板は何処にどのような不具合があり、他の使用している基板に変なデータを流し再起不能のリスクがあります。

基板の専門会社にすべての回路を検査してもらい検査後にテストするという方法がありますが膨大な費用と時間がかかります。
今使っているメインコントロール基板の17Bという基板の交換をする方法がありますが、修理ができないという会社とできるという会社があります。しかしプリンターを日常業務で使っていますので、代用がなく機械を止めている期間がどのくらいになるかもわかっておりません。見積もりのために基板を送らなければなりません。
一番良いのは、検査済みの保証付メインコントロール基板があれば、再インストールして復活させるという理想的な方法があります。その方法が機械の負荷が少なく最良の方法です。22年前のプリンターですから、全ての修理作業がリスクになることは確かな事です。今後も最良保方法を模索して解決してゆきたいと思います。長くなりましたが読んでいただきありがとうございます。