ニュース

ニュース一覧

インデックなしの現像料価格改定のお知らせ

2015.1.21

ー銀塩写真と連動していたインデックスプリント中断につきましてー

製造から今年で18年目の銀塩写真プリンターQSS2301型とコンビを組んでおりましたDCP760というプリンターでインデックスを出力しておりましたが、昇華インクカートリッジと用紙のセットでプリントしておりましたが、事に入り在庫しておりましたメディアを使い切り、銀塩写真と連動しておりましたインデックスが出来なくなりました。
2011年以降米国からインデックスのメディアを調達して購入しておりましたが底をつき、この度終了しました。

予防対策としておりましたCanon製ハイパーフォトシステムで補完してやっておりましたが、WinPCのXPのOSも終了し、PCも同時期に昨年故障してしまいました.今後インデックスは、EPSON製 GT-970で銀塩写真と連動する事なく必要な方のみに、製作致します。当面インデックス製作の為には若干の時間を頂く事になります。
従来のサービスの提供が出来なくなりました事に伴いインデックス込みと言う事で35mm現像料が一率500円のところ、インデックスサービスなしで50円値引きさせて頂き 現像料450円(インデックスなし)・店頭現像料550・36ex600円(インデックスなし)とさせて頂きます。

今後従来のサービスを再開すべく今後も対応策を検討して参ります。プリンターを2台用意して動くようにしておりましても、機械メーカーがメディアを供給してくれませんと、みすみす立ち往生してしまうこのメーカー主導の『ものづくり日本』の姿を何とか改善出来ないモノでしょうか?

年末年始の営業のご案内

2014.12.29

年末は12/29まで、1/4から通常営業させて頂きます。
尚、ご予約など留守電にお入れくださいますようお願い申し上げます。
銀塩写真プリンタ保守の為、一日に一度店には来ますので、郵送プリントのご利用のお客様は通常のように送って頂きますよう、お願い致します。

ヤシカ EZ Digital F537IR 赤外線カメラを探しております。

2014.12.7

暗室作業で、必要な機材として。EZ Digital F537IRというカメラをヤフオクで一年以上探してきましたが、見つかりません。マクロ機能もあり、小型で使いやすそうですが、廃番になってからも年月が経ち入手が困難です。メーカーに確認しましても、IRカメラの予定もなく見込めません。お持ちの方や、処分しても構わないという方をお知りでしたら、是非ご紹介下さい。よろしくお願い致します。

スクリーンショット(2014-12-07 15.00.51)スクリーンショット(2014-12-07 15.02.23)

オリペンを代表とするハーフサイズ銀塩写真プリントのご案内

2014.10.27

ネガサイズからしますと、大凡2Lサイズに2枚のLサイズを焼くという形式ですから、ネガの拡大率は2Lサイズを焼いた時と同様のフィルムの粒状性になります。
オリンパスペンを代表とするハーフサイズのカメラは、コンパクトでありながらシャープに写るという特徴はレンズで焼く事により0101のデジタル仮想データに変換しない為ジャギーが現れる事なく綺麗なハーフサイズプリントになります。それはハーフサイズプリントの特徴がよく現れます。0101のデータ変換しない銀塩写真をお楽しみ下さい。

ブローニーフィルムからの特殊効果プリントの受付を開始致します。

2014.10.16

scan

四隅が暗くなるような特殊フィルターを使い、Nikonのズームレンズに加工をして効果としては、覆い焼きの雰囲気が出ます。
展示用作品・個展用銀塩写真・オリジナルプリントetc用途は無限大

B&Wではよく使われている手法です。引伸し機を使ったカラープリントでもこのような方法は行われていました。銀塩写真の機械を使ったプリントでは、珍しいと思われます。スタジオ撮影では、レンズ前につけるヴィネット撮影の手法、同様の効果です。

見本写真は、お客様がFUJIFILMの645のカメラで撮影された物です。
テストプリントでは、空のグラデーションや均一な白壁、怪しげな雰囲気を出したい時に効果を発揮するようです。飽くまでも120・220ネガのみになります。
詳しくはメールで問い合わせて下さい。

銀塩写真のインデックスの顔料シートの残りが少なくなり危機的状態です。インクシートの情報提供をお待ちしております

2014.10.2

弊社では銀塩写真をQSS23型でプリントしておりますが、1997年当時 APSが5社連合といって、厳格な基準を設けておりました。
その基準の条件の中に、インデックスのプリントが入っておりました。インデックスは昇華転写方式のプリンターで制作しています。
当時その1つの方法として昇華転写方式が採用されておりました。銀塩写真のインデックスはQSS26型になります。
昇華転写方式は、顔料をY M C のインクリボンで順番に印刷する方式になっております。品質も安定して退色耐光性も安定しています。

しかし、販売終了から時間が経過して、海外から調達しておりましたが、それも残りが少なくなりました。DCP760というプリンターは
1台確保しております。D−760用プリントセット を探しております。 英名:Dー760 PRINT SET [PC] REFILL TYPE です。
D リボンS というリボンの情報でも構いません。インクリボンの製造はDNP(大日本印刷(株))とも言われております。
インクリボンの情報をお待ち致しております。よろしくお願い致します。

QSS23型の135用ズームレンズを緊急に探しております。

2014.9.6

銀塩写真プリンターであるQSS23型のNikon製のズームレンズの山洋製パルスモーターが9/6にトラブルを起こしプリントが不能になりました。今後ストックパーツで対応を検討しておりますが、更なる事態を想定し、135用ズームレンズをお持ちの方、情報をお願い致します。情報ご提供の方にもはくしゃさせていただきます。
また、弊社ではQSS23型用のブローニー用のズームレンズを3個保有しております。そちらと交換でも構いません。以上ご連絡をお待ち致しております。

ハーフサイズプリントにつきまして

2014.9.5

銀塩写真をレンズで焼けるところが、絶滅的に少なくなりましたが、現在も当店ではハーフサイズもレンズで焼いております。銀塩写真プリントでハーフサイズをレンズで焼きますと20世紀の当時の雰囲気がご賞味頂けます。現在も判る方のみご利用頂いております。APSサイズも当店ではレンズで焼いておりますのでお試し下さい。

お盆休みのお知らせ

2014.8.4

8/13〜8/15はお休み致します。
上記期間にご注文頂きました商品は、8/16以降に発送させて頂きます。
受注確認・商品などのお問い合わせは、通常どおり受け付けております。
よろしくお願い致します。

Active Film試し撮りモニター募集のお知らせ

2014.6.30

10名様限定でActive Film試し撮りモニターの募集をさせて頂きます。
詳しくは、http://www.active-film.com/2062/をご覧下さい。