ニュース

ニュース一覧

QSS23型オリジナルパーツを探しております。

2014.3.27

<QSS23型の上部ターンガイド2番のオリジナルパーツを探しております>
銀塩写真をプリントしておりますQSS23型の1番の現像液から2番のBF脱銀の升に印画紙をU字状に回転して印画紙をBFに送り込むパーツです。23型は沢山のゴムローラーが使われておりますが、ここのパーツのみのオリジナルのロ−ラーが集中的に使われています。理由は性質の違う薬液が混じらないようにスポンジローラーで現像液を吸収して、後半は不織布のローラーになっていて脱銀する2番に極力現像液が混入しないようになっております。
全てがQSS製品の中でも23型のみのオリジナルのパーツです。こちらのパーツをお譲り下さい。

使われずにお店にある23型をお持ちであれば、情報をお寄せ下さい。お礼をさせて頂きます。よろしくお願い致します。

上部ターンガイド2

17年前にはじめたサービスの復活です。銀塩ソフトフィルタープリントのご案内です。

2014.3.21

17年前当店で銀塩写真のWeb Shopを立ち上げた時に行っておりましたサービスがあります。Nikonレンズで焼く銀塩写真なのでレンズの相性も良く、若干黄色の方に傾くのですが、アプリケーションソフトのソフトフォーカス仕上げとは違ったレンズと特殊フィルターの組合わせです。銀塩プリンターの構造上アルミフレームとレンズの空間がNikon製のソフトレンズの厚み程しかありませんので他メーカーハリソンフィルターのものでは上手くゆかず、Nikonのフィルターでプリント致します。
フィルムはレンズで焼くをモットーに続けております。レンズに装着してプリント致しますので、アプリケーションソフトのソフト効果とは少々違ったイメージに仕上がります。そこがリアルで良いと思っております。当店の17年前製造のQSS23型でプリント致しますので、LサイズからA3小半切迄Nikonのレンズで焼けます。デジキャリアという商品名でデジタルプリントも出来ますが、当店は銀塩写真のみでプリント致しております。

http://www.activestudio.net/print/softprint/

4月より価格が変わりますので、3月中のご発注をおすすめ致します。

2014.3.13

4月からの消費税の価格転嫁と昨年より印画紙価格上昇の為、値上げさせて頂きます。
3月中に注文予定のあるお客様は、3月中のご発注をおすすめ致します。

QSS23型銀塩写真用ブローニーサイズのネガマスクを探しております。

2014.2.24

相変わらずですが、特殊なフォーマットのプリントも銀塩写真でプリントする為にネガマスクを探しております。

大きく2種類のパーツから2Bネガマスクは構成されております。探しておりますのは、右側の図の2B用ネガマスクです。
2Bネガマスク全体図2Bネガマスク

 

特に6×6サイズの場合黒いテープで遮光して、他のブローニーサイズに代用している場合がほとんどです。しかし様々なテープを試しましたが、フィルムは、ダイナミックレンジが広いので長時間露光しなければならないネガも沢山あります。またA3サイズまでプリントする場合露光時間も長くなる為、テープですと、スプライステープでは遮光が完全ではありません。フチありフチなしに依っても条件が変わります。可能な限りお客様のご要望に添いたいと思っております。QSS23型をお持ちの方、ブローニーネガマスクを所有しておりましたら、情報ご連絡をお待ち致しております。

ブローニーフィルムからのLサイズのプリントは白フチ付きのみになります。

2014.2.19

QSS23型のブローニーフィルムからのLサイズプリントは、固定焦点レンズからのみなのですが、フチありのみのプリントになります。ズームレンズの場合は、フチありフチなしがお選び頂けます。

イルフォード XP IIからのカラー用プロセッサーからの同時プリントにつきまして

2014.2.6

Kodak BW400というC-41のカラー用現像プロセスで現像してB&Wっぽいプリントにするシステムがあります。

他のメーカーも以前は類するフィルムの製造しておりましたが、市場に流通しているものは現在イルフォードXP IIとKodak BW400となりました。見た目でKodakは茶色っぽいカラーネガのような色で、XP IIはB&Wネガのようで薄紫色掛かっています。

その対称的な色のフィルムはプリントの場合、条件が違います。

両方のフィルムも乳剤にカラーの情報がありませんが、Kodakは銀塩写真のカラープリンタで比較的B&Wっぽくプリントが可能ですが、イルフォード XP IIに関し、DXコードも含め色調が極端に露出の過不足で色調のバラつきが発生します。本来のB&Wぼプリントというよりはカラーの情報が残った色調になります事を申し上げます。

当プリンタはデジタル機でありませんので、グレースケールのプリントが出来ません。しかしB&Wのサービス判と比較して遥かに仕上りが良いのでという事で納得してから郵送前にBLOGでそちらをご確認して頂き郵送して下さい。
よろしくお願い致します。

大阪の銀塩写真で有名なワタナベカメラさんのWebサイトに紹介されました。

2014.2.6

昨年11月30日に閉店された銀塩写真の有名店であるワタナベカメラさんのWebサイトに当店の銀塩写真のお店として紹介されました。
専門誌に何度も紹介されました有名なお店です。ファンも多く、写真に対する活動でも有名で、マスコミにも取り上げられ、写真展のサポートとかされていた方です。昨年、体調を壊し11月30日に閉店されました。スタッフの方々も大変銀塩写真に熱心でなので、何らかの形で銀塩写真を継承して頂きたいと望んでおります。

2014年1月3日より営業致しております。

2014.1.3

明けましておめでとうございます。

本年もよろしくお願い致します。1月3日より営業致しております。

全国的に見ましても、有名店が様々な理由でやめられています。全国の街の銀塩写真店が絶滅危惧種の状態です。QSS23型を何と

か2台+1/2のパーツで動かしてゆきます。
また、昨年パテントを取得しましたActive Filmが産声を上げました。しかし写真の業界では全く認知されておりません。未来志向

のフィルムで、ソーシャル+アップサイクルのコンセプトはリユースの進化形です。使われなくなった中判カメラにActiveFilmを

入れて唯一無二のフィルム写真を!というものです。

フィルムを作る所から、撮影まで唯一無二の存在証明の銀塩写真が一人でも多くのユーザーに体験して頂きたいというのがポジ

ティブな目標です、

カメラの原点のような、中判カメラををお持ちでしたら、今年はアクティブフィルムにチャレンジして頂きたいと存じます。

ーActive Filmno 7大特徴ー

・アクティブフィルムは、中判フィルムの遮光紙をリユースして作る ecoでアップサイクルなフィルムです。

・パフォーレイションフォトと言って35mmフィルムを使う場合、抜き穴(パーフォレーション)の周辺も写せます。

・リユース遮光紙に任意のフィルムを巻いて使う為、低感度〜高感度フィルムのポジ・ネガ・B&W フィルムを巻いて使えます。

・フィルムの巻き方の工夫で大型カメラのあおり撮影のような特殊な撮影が楽しめます。

・フィルムの乳剤(エマルジョン)側の通常撮影とフィルムベース面側からの二重露光をする事により、特殊効果の写真が作り出せます。

・遮光紙にフィルムのベース面側を巻く事により、特殊な色彩の撮影が可能です。

・フィルムの巻き方を工夫して故意に発生させるカブリ撮影が出来ます。

それぞれの具体的特徴を見てゆきましょう。

・アクティブフィルムは、中判フィルムの遮光紙をリユースして作る ecoでアップサイクルなフィルムです。

20131229142553

・パフォーレーションフォトと言って35mmフィルムを使う場合、抜き穴(パーフォレーション)の周辺も写せます。

鷹匠

通常の35mmフィルム同様にトリミングも可能です。白フチの4切りプリントしました。QSS23型ではこちらのトリミングが固定焦点の限界サイズです。

20131229142559

・リユース遮光紙に任意のフィルムを巻いて使う為、低感度〜高感度フィルムのポジ・ネガ・B&W フィルムを巻いて使えます。日陰の暗い場所でも、高感度フィルムを入れますと、手持ち撮影もできます。

20131229142601

・フィルムの巻き方の工夫で大型カメラのあおり撮影のような特殊な撮影が楽しめます。

20131229142556 20131229142554

・フィルムの乳剤(エマルジョン)側の通常撮影とベース面側からの二重露光をする事により、特殊効果の写真が作り出せます。

20131229142555 20131229142552

・遮光紙にフィルムのベース面側を巻く事により、特殊な色彩の撮影が可能です。ISOの感度であったり、露出の手加減で、色彩が大きく変化します。

20131229142604 2013122914260320131229142602

 

・フィルムの巻き方を工夫して故意に発生させるカブリ撮影が出来ます。

20121215235753 20121202211838 20121202212133

 

・おまけ フィルムにお気に入りのテープを巻いて撮影し、テープを剥がした後に現像処理します。テープの絵柄をフルムに焼き付けることができます。

gosg gosa

番外編としまして、中判カメラのフォーマットが変わるとその見え方や雰囲気も変わります。以下の画像は6×7のカメラで撮影しています。矩形の違いやフィルムのラチュードの広さをデザインと捉えてマルチな見せ方であらたなデザイン的要素が広がります。

kodaira328

kodaira328.abc
ネガカラーは、ラチュードが広いフィルムです。焼き手の技量により、銀塩写真の見せ方にも変化を加えることができます。デザイナーの発想によりマルチな展開も可能になる筈です。
kodaira328.abckodaira328.abc

年末年始の営業のご案内

2013.12.25

いよいよ2013年も最終番に差し掛かってきました。年末の営業は、12月29まで営業致します。
年始は、1月3日より営業致しております。

機械のメンテナンスをこの時期にやっておりますので、1日に一度は機械守として、QSS23型とV-30型を見守り動かします。郵送のお客様分の作業はその時に可能です。お店のシャッターは閉まっておりますが、運送会社ともその旨情報共有ができておりますので、フィルムの現像・焼き増しは、年末年始の輸送体制になりますが、受付致します。よろしくお願い致します。

今年はお世話になりました。新しい年がすばらしい一年になりますよう 皆様のご健康とご多幸をスタッフ一同心よりお祈り申し上げます。

QSS23型用のブローニー専用6×6ネガマスクを探しております。

2013.11.13

同様の情報は以前にも発表させて頂き、部品ストック用のQSS23型の北海道最後の機械を確保する事ができました。関係者の方がたには改めて御礼を申し上げます。その後もリース切れのQSS23型の情報が寄せられましたが、同時プリント専門のミニラボの所の機械でした。銀塩写真でありましても35mm専用ですと、ブローニーネガを処理しますには、ミラートンネル・光源周辺部をはじめ中判カメラのフォーマットに合わせたものが必要になります。特に6×6のネガマスクは、6cmにテープ等でマスキングをして対応する所が多く、6×6専用のネガマスクを今も調達出来ておりません。あらためまして、QSS23型、QSS26型、QSS25型、QSS27型をご存知で6×6のネガマスクの所在をご存知の方は、お知らせ下さい。御礼をさせて頂きます。当方は、97年製の銀塩写真のプロセッサーであるQSS23型で現在も日々レンズで銀塩写真を焼いております。連絡をお待ち致しております。担当 坂野 拝