ウェアプリントで副業(服業)

洋服に興味がありますか?

熱転写プレス機やレーザープリンタ、カッティングプロッタなどを開業セットとしてまとめてお売り致します。詳しくは中古熱転写プレス機をご覧ください。

ウェアプリントで副業(服)が可能です

洋服に興味があってデザインや絵を描く事が好きでお金がある、という人は三拍子が揃っている人ですが、そのどれかがあれば情熱と努力でその壁は越えられるものです。
人の才能はいつ開花するかはわからないものです。
一つ一つの努力の積み重ねが成果になり前進できます。
はじめからのプロは誰一人いません。一つ一つの努力の積み重ねが成果につながります。
以下のチェック項目に目を通してみて下さい。

どれかに該当する項目があれば、ウェアプリントで副業(服)が可能です。
さあトライしてみませんか!

チャート図

ウェアプリントの知識

●昇華転写

一般的にインクジェットプリンターで昇華インクを使って転写紙にプリントし、熱転写機でインクを気化させインクを繊維に浸透させる方法。ユニフォームなどに最適でバナーやのぼり旗などポリエステル加工を表面に施しプリントする方法もある。

特長

●トナー転写

コピー機、レーザープリンターetcに使われるトナーを利用した方法。専用転写紙(淡色用、濃色用)を使う熱転写プレス機で加工するため製版不要で多品種少量生産向きである。アクリル、金属、プラスチック、木、皮などにも転写可能でグッズに向いている。

特長

●シルクスクリーン

米国で90%がシルクスクリーンと言われるくらいポピュラーな方法で、スクリーン印刷とも呼ばれている方法

シルクスクリーン

スクリーン(シルク)の版代が費用としてかかるが枚数が多い注文には最適。
多色の場合には各色の版が必要。製版機、印刷機、乾燥機、洗場が必要でスペースが必要な一種の孔版印刷。

特長

●カッティングシート

金属にカッティングラバーシートにデザイン文字やデザインをカッティングマシーンという刃物がついたプロッターでカットし必要とする部分を残し、大きなアイロンの熱転写プレス機でプレスし完成させます。
ユニフォームの背番号、名前、デザインに多用されています。

特長
Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrPin on Pinterest